iphone・Android アプリ化対応。HTML5製アドベンチャーゲーム制作キット。

Live2Dプラグイン

ティラノスクリプトでLive2Dを簡単に使用できるプラグインです。

動作サンプル

※Chrome・safari推奨

このゲームのプロジェクトフォルダをダウンロードできます。

ゲーム制作の参考にしてください。

◆解説

ぬるぬる動くLive2Dモデルをキャラクターとして使う事ができます。

このプロジェクトはダウンロードできますが、Live2Dより開発キットを取得して追加する必要があります
動作を試す場合はLive2D SDK WebGL(http://www.live2d.com/download)をDLし、
その中のlive2d.min.jsをothers/live2d/lib配下に配置してください。

ティラノスクリプト Ver3.22以上が必要です。


◆使い方

CONFIDENTIAL
============================================================
    Live2D x TYRANOSCRIPTプラグイン v2.00
    (c) Live2D Inc.
============================================================
ティラノスクリプト上でLive2Dを動かすプラグインです。

このプラグインを動作させるには、Live2D SDK(WebGL版)が必要になりますので
Live2Dサイト(http://www.live2d.com/download)からDLし

data/others/live2d/lib配下にlibe2d.min.jsを置いて下さい。



----------------------------------------
    ライセンスについて
----------------------------------------
    このプラグインはLive2D SDKと同じライセンスです。
    
    for business
    http://www.live2d.com/sdk_license_cubism_indie

    for indie
    http://www.live2d.com/sdk_license_cubism

    プラグインに含まれているLive2Dモデル(ハル、イプシロン)については、Live2Dのガイドラインに準拠します

    【ガイドライン】http://sites.cybernoids.jp/cubism2/samples/character_guideline


----------------------------------------
    リリースノート
----------------------------------------
    2.0.00(2015/06/21)
        Cubism SDK 2.1対応
        回転が動作しないバグを修正
        キャラクターのカラー変更を追加

    1.0.04(2015/03/25)
        モーション再生に誤作動があったため修正
        尺が長いモーションはmodel.jsonのidleグループに含めると事前にロードします

    1.0.03(2015/03/03)
        pose.json、physics.json、model.jsonを読み込む方式に変更
        モーション再生はファイル名指定、アイドリング有無パラメーター追加

    1.0.02(2015/02/10)
        IEとMobile safariにて透明部分が黒くなるものをテクスチャゴミ取りツールで修正
        
    1.0.01(2015/01/29)
        Live2Dモデル削除時の不要な処理を削除

    1.0.00(2015/01/27)
        公開


----------------------------------------
    v1.00→v2.00の変更点
----------------------------------------
v2.00からCubism SDK 2.1対応によりクリッピングマスク機能がサポートされます。
クリッピングマスクはフレームバッファを1モデルにつき1枚生成されます。

    
また、キャラクターの色変更が追加になりました。
以下の様なタグでカラーを変更できます。

[live2d_color name="キャラ名" red=0.3 green=0.3 blue=0.3]


----------------------------------------
    モーション再生に誤作動ある場合
----------------------------------------
1.0.04以前を使用してる場合は、model.jsonの尺が長いモーションを行末に追加し、
最後に読み込むようにして下さい。
"motions":
{
    "short_motion":
    [
        {"file":尺が短いmtnファイル1},
        {"file":尺が短いmtnファイル2}
    ],
    "long_motion":
    [
        {"file":尺が長いmtnファイル1},
        {"file":尺が長いmtnファイル2}
    ]   
}

1.0.04からはmodel.jsonの"idle"に尺が長いモーションを書いて下さい。
"motions":
{
    "idle":
    [
        {"file":尺が長いmtnファイル1},
        {"file":尺が長いmtnファイル2}
    ],
    "null":
    [
        {"file":尺が短いmtnファイル1},
        {"file":尺が短いmtnファイル2}
    ]   
}


----------------------------------------
    モデルを差し替える場合
----------------------------------------
others/live2d/assets配下を差し替えし、
others/live2d/Live2Dmodel.jsをエディタで開きファイルのパスとmodel.json名を修正して下さい。

LIVE2D_MODEL['キャラ名']で指定した'キャラ名'がタグリファレンスに指定してる"キャラ名"になります。


----------------------------------------
    透過箇所が黒くなる場合
----------------------------------------
黒い縁が出る場合、テクスチャゴミ取りツールをお使い下さい。

Cubism SDK > Tips > テクスチャの表示がおかしい場合
https://sites.google.com/a/cybernoids.jp/cubism2/sdk_tutorial/tips/texture
ツール > テクスチャゴミ取りツール
https://sites.google.com/a/cybernoids.jp/cubism2/tools/texture


----------------------------------------
    タグリファレンス
----------------------------------------
【プラグインの読み込み】
[call storage="live2d/live2d.ks"]

・Live2Dモデルの生成
 [live2d_new name="キャラ名"]
 【パラメータ一覧】
  name     : 【必須】Live2DモデルID(Live2Dmodel.jsで付けた名前)
  left     : Live2Dモデルの横位置(Canvasの横位置)
  top      : Live2Dモデルの縦位置(Canvasの縦位置)
  width    : Live2Dモデルの横幅(Canvasの横幅)
  height   : Live2Dモデルの縦幅(Canvasの縦幅)
  zindex   : Live2Dモデルの奥行き(Canvasの奥行き)
  glleft   : Canvas内のLive2Dモデル横位置(0.0〜2.0ぐらい)
  gltop    : Canvas内のLive2Dモデル縦位置(0.0〜2.0ぐらい)
  glscale  : Canvas内のLive2Dモデル拡大縮小サイズ(0.0〜2.0ぐらい)

・Live2Dモデルの表示
 [live2d_show name="キャラ名"]
 【パラメータ一覧】
  name     : 【必須】Live2DモデルID(Live2Dmodel.jsで付けた名前)
  time     : 切り替え時間(1000=1秒)

・Live2Dモデルの非表示
 [live2d_hide name="キャラ名"]
 【パラメータ一覧】
  name     : 【必須】Live2DモデルID(Live2Dmodel.jsで付けた名前)
  time     : 切り替え時間(1000=1秒)

・Live2Dモデルの透明度
 [live2d_opacity name="キャラ名"]
 【パラメータ一覧】
  name     : 【必須】Live2DモデルID(Live2Dmodel.jsで付けた名前)
  opacity  : 透明度(0.0~1.0)
  time     : 切り替え時間(1000=1秒)

・Live2Dモデルのカラー
 [live2d_color name="キャラ名"]
 【パラメータ一覧】
  name     : 【必須】Live2DモデルID(Live2Dmodel.jsで付けた名前)
  red      : 赤(0.0~1.0)
  green    : 赤(0.0~1.0)
  blue     : 赤(0.0~1.0)


・Live2Dモデルの退場
 [live2d_delete name="キャラ名"]
 【パラメータ一覧】
  name     : 【必須】Live2DモデルID(Live2Dmodel.jsで付けた名前)

・Live2Dモデルのモーション再生
 [live2d_motion name="キャラ名"]
 【パラメータ一覧】
  name     : 【必須】Live2DモデルID(Live2Dmodel.jsで付けた名前)
  filenm   : モーション番号(モーションファイル名)
  idle     : アイドリング有無('ON'など文字列を渡すとアイドリングさせます)

・Live2Dモデルの移動
 [live2d_trans name="キャラ名"]
 【パラメータ一覧】
  name     : 【必須】Live2DモデルID(Live2Dmodel.jsで付けた名前)
  left     : 【必須】X位置
  top      : 【必須】Y位置
  time     : 切り替え時間(1000=1秒)

・Live2Dモデルの回転
 [live2d_rotate name="キャラ名"]
 【パラメータ一覧】
  name     : 【必須】Live2DモデルID(Live2Dmodel.jsで付けた名前)
  rotate   : 【必須】回転角度
  time     : 切り替え時間(1000=1秒)

・Live2Dモデルの拡大・縮小
 [live2d_scale name="キャラ名"]
 【パラメータ一覧】
  name     : 【必須】Live2DモデルID(Live2Dmodel.jsで付けた名前)
  scaleX   : 【必須】Xスケール
  scaleY   : 【必須】Yスケール
  time     : 切り替え時間(1000=1秒)

・Live2Dモデルを揺らす
 [live2d_shake name="キャラ名"]
 【パラメータ一覧】
  name     : 【必須】Live2DモデルID(Live2Dmodel.jsで付けた名前)


サンプルゲーム一覧

テクニックサンプル集

ティラノスクリプトを使ったテクニックサンプル集です。改造、配布は自由ので、ゲーム制作の学習などにご利用ください

Live2D × ティラノスクリプト

ティラノスクリプトでLive2Dが利用できるプラグインが提供されています。

基本機能デモゲーム

ティラノスクリプトの基本機能をひと通り確認することができるデモです。

ビジュアルノベル形式

ビジュアルノベル形式のゲームです。
タイトル画面の作り方や、クリア後の回想シーンなどの作り方の参考になるでしょう。

スマートフォンアプリ用

スマートフォンアプリを意識して制作されたデモゲームです。 縦型の画面サイズ設定や、画面の作り方などが参考になるでしょう。

Webアプリケーション

ティラノスクリプトの機能を活用したWeb形式のアプリケーションです。
ゲーム以外でも幅広く活用できます。また、「アニメーション」「Youtube再生」「名前入力」などのサンプルとしてご活用ください。

改造サンプル

ユーザ様のご好意により、カスタマイズしたコードをご提供頂きました。
ティラノスクリプトはオープンソースなので大胆にカスタマイズすることも可能です