ティラノゲームフェス2017開催中。賞金総額30万円!

  • iPhone・Androidアプリ化対応。HTML5で動くノベルゲーム製作キット

ティラノ トランスレーターとは

「ティラノトランスレーター」は
ティラノスクリプトやビルダーでつくられたノベルゲームを 海外版にローカライズするのをサポートするツールです。

無料ですべての機能を利用でき、商用・法人での利用も可能です。

このツールを活用した翻訳コンテストなども開かれています。

>>IGDA、第一回日英ゲーム翻訳コンテスト「LocJAM JAPAN」を12月9日より開催!

>>LocJam 公式サイト



ゲームからテキストを抽出してファイルに変換後、エクセルなどで翻訳したあと ゲームに反映してビルドすることができます。

UTF-16で変換されますので、あらゆる言語で相互変換できます。

(例)

  • 日本語→英語
  • 日本語→中国語
  • 英語→日本語
  • 英語→中国語
このように、どのような言語にも対応できます。

ツールのダウンロード

次のリンク先から、ダウンロードして入手して下さい。
インターフェースは、日本語と英語の2パターンが用意されています。

>>ティラノトランスレーターを入手する

ゲームプロジェクトを設定

それでは、translator.exe(macの人はtranslator.app)をダブルクリックしてツールを起動します。 起動したら、「プロジェクト選択」をクリックしてください。



すると、ファイル選択ウィンドウがひらきますので、
プロジェクトのindex.htmlを選択します。



プロジェクトを設定できましたね。
それでは、ローカライズ(翻訳)作業を実際に行ってみましょう。

翻訳してプレビューする



画面の左側(①)のリストは、シナリオファイル一覧です。
翻訳したいシナリオを選択してみましょう。

すると、右側(②)にテキストが抽出して表示されます。

ここに、対応する翻訳を入力していきます。



画面左下の「翻訳して最初からプレビュー」をクリックして下さい。



翻訳されたゲームの動作確認がすぐに行なえます。

キャラクター名を翻訳する

「キャラ」タブを選択すると、登場するキャラクター名が一覧で抽出されているので 同じように翻訳を入力します。



翻訳対象にしたいタグを登録する

文章以外に翻訳したい部分があるかもしれません。
例えば、選択肢やボタンの文字などです。

その場合、「タグ登録」のタブを選択して下さい。

ここに翻訳対象にしたいタグとパラメータを指定しておくと、翻訳画面に抽出してくれます。
デフォルトで、glink、ptext、link タグは登録されています。

例えば、自分で作ったマクロ

[mymacro value="ここを翻訳したい"]

みたいなタグがあったとすると、ツールの「追加」ボタンを押して

tagに「mymacro」 、parameterに「value」を登録しておくと「ここを翻訳したい」が抽出できます。

CSVでエクスポート・インポートする

ツールの画面上で作業する以外に、一旦CSVに書き出して エクセルなどで編集することもできます。

・ゲームのテキストを1つのCSVファイルにまとめる
・シナリオファイルを個別にCSVファイルにする


の2通りの方法が用意されています。

インポートとエクスポートは画面左下のボタンで行います。



■「CSV Export」「CSV Import」
選択されているシナリオ毎にCSVを生成します。複数選択も可能。

■「CSV Export as Single File 」「CSV Import from Single File」
ゲーム中のテキストを1つのファイルにして出力できます。
取り込んでからプレビューして下さい。

CSVファイル形式はUTF-16 BOM付き のタブ区切りです。

翻訳したゲームをビルドする

「その他」タブを選択して、「ゲームをパッケージングする」をクリック。
ここから各環境用にパッケージングすることができます。

ティラノゲームフェス2017開催中。気軽に参加してみよう