• iPhone・Androidアプリ化対応。HTML5で動くノベルゲーム製作キット
豪華賞品あり。ノベルゲームに特化したお祭り

使用するバージョンを選択する

ティラノスクリプトは現在2つのバージョンが存在します。

V4(安定版)

多くのゲームが公開された実績のあるバージョンです。
現在、新規開発はストップしていますが、安定した動作がメリットです。

V5(最新版)

最新の機能が利用できるバージョンです。
現在も活発に開発が行われているので、最新機能を使いたい場合はこちらです。
ただ、開発が活発に行われているのでバグにあたってしまう可能性はあります。

V4(安定版)を利用する場合はこのまま進めてください。

V5(最新版)を利用する場合は次のページへ移動してください。
>>V5版チュートリアルへ移動

ティラノスクリプト本体の入手

ノベルゲーム開発を始めるための最初の準備をしていきましょう。
まず、ダウンロードページから最新版のティラノスクリプトをダウンロードします。

以下のリンクを開いて「スタンダードパッケージ」をダウンロードします。

>>ダウンロードページを開く

ダウンロードが完了したら、適当な場所に展開してください

展開後のフォルダ

開発用ツール(ティラノライダー)の入手

ティラノスクリプトの開発を助けてくれる専用の公式ツールが用意されています。
「ティラノライダー」というソフトで無料で入手できます。

以下のリンクから入手してください。

>>ティラノライダーを入手する

こちらもダウンロードしたら適当な場所に解凍します。

早速、「ティラノライダー」を起動してみましょう。
Windowsの人は「tyranorider.exe」 Macの人は「tyranorider.app」をダブルクリックで起動します。

ティラノライダーの起動画面

うまく起動しましたか?

起動後はまだ、ゲームプロジェクトが選択されていない状態なので、 最初にダウンロードしておいた、ティラノスクリプト本体のフォルダを設定します。

プロジェクト選択をクリックして下さい。



すると、ファイル選択の画面がひらくので、最初に展開しておいた「ティラノスクリプト本体」の中にある「index.html」を選択します。



プロジェクトを設定できましたね。そしたら、「ゲーム開始」というボタンが押せるようになっているので押して下さい。


サンプルゲームが始まれば成功です。

ティラノスクリプトのサンプルゲーム


ワンポイント

最初にダウンロードした「ティラノスクリプト本体」というのが、「ティラノスクリプト」と「ゲームプロジェクト」がセットになったものです。 その、「ゲームプロジェクト」には先ほど遊んでもらったサンプルゲームが入っていたというわけですね。 つまり自分のゲームを作るときはこの「サンプルゲーム」を削除から製作を進めることになるわけです。


フォルダの中を見てみると、このような構成になっています。

index.html
ブラウザアプリやスマートフォン向けに発表する場合はこのファイルが実行ファイルになります。

dataフォルダ
ゲームの情報が入ったフォルダです。今後作業する場所はこのフォルダの中になります

tyranoフォルダ
ティラノスクリプトの実行ファイルです。このフォルダを操作することはあまり無いでしょう。

編集ソフトについて

ティラノスクリプトでゲームを作成するのに、必要なのはエディタのみです
エディタとは文字を編集するようなソフトのことで、例えば「メモ帳」のようなものも、エディタの一種です。

もちろん、メモ帳でゲーム制作を進めてもいいのですが、メモ帳よりも便利で効率良く開発できるエディタがありますので、紹介しておきます。

Mery(ダウンロード



ティラノスクリプト用にMeryの構文色分けと入力補助のプラグインを配布されている方がいらっしゃいます。ぜひご活用ください。

Meryのティラノスクリプト用構文ファイル


サクラエディタ(ダウンロード



ティラノスクリプト用にサクラエディタの構文色分けと入力補助のプラグインを配布されている方がいらっしゃいます。ぜひご活用ください。

サクラエディタのティラノスクリプト用構文ファイル


Atomエディタ(ダウンロード



Atomエディタでティラノスクリプト用に入力支援と色分けができるプラグインを配布されている方がいらっしゃいます。ぜひご活用ください。

Atomエディタ用ティラノスクリプト入力補完機能


TeraPad(ダウンロード




お疲れ様でした。
ティラノスクリプトでゲームを開発する準備は完了しました。

いよいよ、次回からゲーム制作を進めていきましょう

ティラノゲームフェス2021開催中。気軽に参加してみよう
>>次:「文字を表示しよう」へすすむ